ハバネロの蔵

ベルツノガエルやクランウェルツノガエルの飼育情報が満載! ツノガエル飼育者の、ツノガエル飼育者による、ツノガエル飼育者のための、ツノガエル飼育情報サイトです。

早速到着!ビバリウムガイド

      2016/02/12

早速到着しましたビバリウムガイド

先日、定期購読を申し込んだビバリウムガイドが今日ポストに到着していました。
NEC_0114←こんな状態でクロネコヤマトの第三種郵便という形での到着です。宅配ではなくポストに到着しますので、受け取るために家に居る必要がないので本当に重宝します。

まだ、読んでいませんが表紙を見る限り、「はじめての爬虫類祭」というブリーダーズエキスポの特集と「水棲有尾類を楽しもう」という記事が面白そうです。

同封されていた御案内も気になる

NEC_0122 ビバリウムガイドに同封されていたのは「AQUALIFEの本」という出版物の御案内です。まさにAQUALIFE系の本のカタログ冊子なんですが、これを見ると結構な種類の本が出版されていることがあらためて分かります。「古代魚を飼う」や「世界のナマズ」といったアクアリスト系の本から、「ミズガメ大百科」、「大蜥蜴世界」や「はじめてのヘビ コーンスネーク」などのビバリウム系の本など。

なかでも最も気になるのが「ビバリウムガイドNO.1飼育カタログ285+α」です。

ビバリウムガイドの創刊号であり、「爬虫類・両生類からタランチュラ・サソリまで285種プラス多数の改良品種のカタログと各種の飼育ガイドを掲載」という内容です。本の作りも「A4判・192ページ」のボリュームで価格が1,600円と、本日届いたビバリウムガイドNO.30(120ページ)と比べてお買い得感がありますし、多くのブックサイトで送料無料となる1,500円以上になっています。ビバリウムガイドの定期購読を申し込んだ直後ではありますが、ちょっと気になる書籍です。

まだ代金払ってないんです

早々に到着したビバリウムガイドですが、実はまだ支払いをしていないんです。注文の際にコンビニでの伝票支払いにしたので、てっきり伝票が先に到着して支払いが完了してから発送されてくるものだと思っていたのですが、まだ伝票も到着していませんし支払いも終わっていません。到着した封筒内に伝票が入っているかとも思って探しましたが、同封されていないのです。まあ、本が先に到着するのは嬉しいことなんですが、支払いが終わっていないというのは何とも落ち着かないものです。


ベルツノガエルの飼育情報 【ハバネロの蔵】

 - ツノガエル【関連書籍の蔵】